世界石油会議とは

paghetti Gazetti

spaghettigazetti.com

世界石油会議とは

世界石油会議は石油を産油する国と、それを消費する国の計70か国が参加した組織です。その歴史は古く1933年に設立し、以降3年毎に世界各国で世界大会が開かれます。参加国は石油エネルギーに関する技術や環境への配慮、人材育成からマネージメントに至るまで、非常に幅広い分野について、各国の技術者や関連団体など多くの関係者に人材交流の場を提供し、活発な意見交換が行われることで世界の産業発展に寄与しています。日本にはその窓口となるべく国内委員会が存在し、構成員には、石油の元売り会社から建設会社、商社など、様々な業界から現在およそ50を超える企業が名を連ねています。会議では各社がブースを展開し、パネルやモニター等を活用して自社の実績や取り組み、最新の技術情報などを展開し、毎回多くの来場者が訪れ盛況です。石油は我々の生活になくてはならない重要な資源でありますが、有限の資源です。かつては中東が算出の半分ちかくを占めていましたが、ここ数年はアメリカがトップとなっています。新しい技術開発によりこれまで産油不可能であった国が新たな産油国になる可能性があり、こういった会議を通じて活発な情報交換が行われることは非常に重要であると言えます。


先頭へ
Copyright (C) 2014 paghetti Gazetti All Rights Reserved.