石油産業の活動

paghetti Gazetti

spaghettigazetti.com

石油産業の活動

石油産業には様々な業種が関係しており、派生製品も含めて、それぞれに開発や、商品の製造、また販売などを行っていますが、一般的には、産業活動の範囲として、商社などの油田開発企業から、輸入から販売までを広く手掛ける石油会社までのことを指して捉えられています。

産業全般の活動としては、大きくは、上流部門と下流部門に分けられています。上流部門は石油開発会社となり、ここでは、原油の開発と生産が行われることになります。下流部門は、原油の輸入や備蓄から始まり、原油の精製、製品の国内輸送と貯蔵、精製製品の販売となり、そのほとんどは石油会社によって行なわれています。中でも販売業務に関しては、いわゆる元売と呼ばれる一次卸と大口直売が中心となっており、二次卸と小売に関しては、特約店や販売店となる販売会社によって行なわれています。

活動に関しては、上流、下流の他に関連事業があり、ここでは、化学製品を生産・販売する会社は石油化学会社、液化石油ガスを輸入・販売する会社はLPガス会社として、それぞれに、独自の業界を構成しています。実際には、石油会社が複数の事業を兼業としている場合も多く、市場データ分析をする場合などには、1つの業界として捉えられる場合もあります。


先頭へ
Copyright (C) 2014 paghetti Gazetti All Rights Reserved.